2020 J1 第1節

川崎 0 – 0 鳥栖

2020年のJリーグが開幕した。今年からVARが導入されどうなることになるのかと思っていたら、川崎がVARによるゴール取り消し1号になってしまった。家長のシュートが鳥栖のDFにあたり、こぼれたところをレアンドロ・ダミアンが押し込み先制点と思えた。

あの場面で、なぜVARの対象になったかよくわからなかった。VARによるオフサイド判定は、時間がかかり人間の目ではわからないようなのものも判定するため、プレミアリーグでは論争になっているらしい。今後はVARの規則が変更されるかもしれない。

昨季は引き分けがJ1で一番多かった川崎が今季はどのような戦い方をするのか。ルヴァンカップのときは攻撃が上手くいっていたが、引いて守る鳥栖には苦戦した。結局、システムを変更しても遅い攻撃は変わっていなかった。家長が入るとどうしてもボールを家長に預けてしまいがちで攻撃が遅くなってしまう。

クロスやシュートの精度が相変わらずで、得点出来ずに引き分けてしまった。新人の旗手は、代表の試合でもシュートを外していたが、この試合でも外してばかりだった。こういうとき阿部がいたらなあと思ってしまった。両サイドバックのクロスもどこをねらっているのかわからないのが多かった。新外国人選手は山根よりダメなのだろうか。

今季はこれといった目玉の補強がないし、阿部選手が抜けたので今季も引き分けが多そうだ。大卒新人に期待するのは時期尚早?

関連記事