2020 ルヴァンカップ グループステージ第1節

川崎 5 – 1 清水

なんやかんやで結局フロンターレの記事を復活させた。また気が変わることがあるかも知れないが続けていこう。今季はルヴァンカップの試合が先にはじまり、フロンターレにとっては今季初めての公式戦。フロンターレは4-2-3-1から4-3-3にシステム変更したらしいのでどんな感じなのか興味津々。清水のほうも監督が代わり、横浜FMのような布陣に変更。あのシステムで戦うのは結構リスクが大きいように思うがどうなんだろう。

フロンターレの先発は、山根、ジェジエウ、谷口、登里、田中、大島、脇坂、宮代、長谷川、レアンドロ・ダミアン。管理人の注目は宮代選手。まだ実際のプレーを見たことがないので。レアンドロ・ダミアンがオシャレなシュートで先制し、その後長谷川が2点目を決めて今年はちょっと違うかもと思ったら、その後いつものフロンターレに戻ってしまった。危ない場面が結構あったけれども前半は2-0で終了。

後半、清水のほうがチャンスが多く、石毛にきれいに決められれ1点差。調子がでないフロンターレは宮代に代えて旗手、レアンドロ・ダミアンに代えて小林悠を入れる。交代が功を奏したのか、旗手のクロスを長谷川がヘディングで決めて3点目。スルーパスから抜け出した小林悠がシュートを放つもGKに弾かれるが、弾かれたボールを頭で押し込んで4点目。終了間際には交代出場の三笘のクロスを再び小林悠が決めて、試合終了となった。終わってみれば5-1の完勝。

管理人注目の宮代選手はJ1ではまだちょっと厳しい感じがした。判断やシュート精度がもう少し上がればといったところ。ルヴァンカップは先発で使ってもらえそうなので、何とか結果を残さないと。リーグ戦のほうはどんなメンバーなるのか。それにしても監督は外国人選手が嫌いなのだろうか。ジオゴ・マテウスがちょっと気になる。

関連記事