栗山町日出

炭鉱

夕張へ行くバスに乗っていて、特徴のある建物があるなあと思い今回行ってきた。その建物はウェブで調べたら旧夕張鉄道の新二岐駅舎だった。ここから角田炭鉱専用鉄道が分岐していたらしい。中央バスのバス停名は新二股になっている。旧角田炭鉱(栗山炭鉱)への道は途中で立ち入り禁止になっていた。炭鉱跡へ行くのは断念して、旧日出小学校周辺をぶらぶら歩き。炭鉱住宅?があったが住んでいるひとはいないようだ。その後、継立方面へ向かう。途中にあった香名館(日中薬膳研究所)の建物はなくなり更地になっていた。コンクリート工場の跡地があったのでちょっとのぞいてみた。建物は蜘蛛の巣だらけで中に入らずに継立のバス停へ向かった。

_s2c0609_s2c0683

WEBSITE

最近の記事

  1. 「おひとりさまの老後」上野千鶴子

  2. 「物語昭和写真史」桑原甲子雄

  3. 幌加内町母子里

  4. 「完全版 チェルノブイリの祈り」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

  5. 「東電原発事故 10年で明らかになったこと」添田孝史

TOP