南大夕張

炭鉱

南清水沢をぶらぶらしていたら南部行きのバスが来たので慌てて乗った。15分ほどで終点の南部に着く。バスの終点には、三菱大夕張鉄道の駅「南大夕張」があった。隣駅の「あかしちょう」以降の街は新しいダムができたため水没し、「大夕張」という名前が消えた。小学生の頃、社会見学で大夕張ダムに来た記憶がある。その頃は大きな町の印象があった。南部市民体育館の脇に炭鉱事故の慰霊碑がある。夕張最後の炭鉱だった南大夕張炭鉱が閉山したのは平成2年。清水沢駅へ歩いて戻っていると車が止まり「乗っていくかい」と言われた。親切は素直に受けて、駅まで乗せてもらった。

_S2C4493_S2C4535_S2C4531

WEBSITE

最近の記事

  1. 「おひとりさまの老後」上野千鶴子

  2. 「物語昭和写真史」桑原甲子雄

  3. 幌加内町母子里

  4. 「完全版 チェルノブイリの祈り」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

  5. 「東電原発事故 10年で明らかになったこと」添田孝史

TOP