小平町鬼鹿

にしん街道

今回の撮影は留萌郡小平町鬼鹿。札幌から沿岸バスの「特急はぼろ号」に乗り、鬼鹿3区で降りた。おにしかツインビーチで持参したお弁当を食べてから撮影開始。鬼鹿漁港を一回りしてから海沿いに旧花田家番屋方面へ。天候は晴れたり、曇ったり、雨が降ったりと目まぐるしく変わり冬が近い感じだった。

前回花田家番屋を訪れたときは、番屋だけ観てバスで小平町に戻ったので、今回は鬼鹿秀浦まで歩いてみた。雨が強くなってきたので、道の駅鰊番屋でちょっと雨宿り。その間に観光バスがトイレ休憩?のため何台も停まってきた。人が多くなってきたので秀浦へ向かった。 第2秀浦のバス停の近くは廃屋ばかりでひとが住んでいる様子がなかった。バス停の周辺うろうろしてから「特急はぼろ号」の停留所がある鬼鹿港町に戻った。途中、天登雁村鬼鹿村発祥の地碑があったので撮影。行くときは海岸沿いを歩いたので気がつかなかった。

_K0_1679_K0_1729_K0_1774

WEBSITE

最近の記事

  1. 「おひとりさまの老後」上野千鶴子

  2. 「物語昭和写真史」桑原甲子雄

  3. 幌加内町母子里

  4. 「完全版 チェルノブイリの祈り」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

  5. 「東電原発事故 10年で明らかになったこと」添田孝史

TOP