美国町船澗

にしん街道

今回の撮影は積丹町大字美国町船澗。前回美国に来たときは、黄金岬のほうを歩いたので今回は町の中心を歩いてみた。美国小泊のバス停でおり少し戻って番屋跡を撮影。その前の海岸はテトラポットの墓場のようになっていた。こんなに中の鉄筋が見えているテトラポットは初めてだった。

小泊から船澗にかけて、鰊漁で賑わったころの建物が多く残っており、あちらこちらに倉があった。鰊伝習館ヤマシメ番屋は閉鎖されて中には入れなかった。看板だけ新しく浮いた感じがした。鰊伝習館をWEBで調べたら2011年5月にオープンとあり、2012年以降の記事は見つからなかった。ヤマシメ番屋はこのままの状態で放置しておくのかどうかよくわからない。

_K0_8935_K0_8940_K0_8964

WEBSITE

最近の記事

  1. 「おひとりさまの老後」上野千鶴子

  2. 「物語昭和写真史」桑原甲子雄

  3. 幌加内町母子里

  4. 「完全版 チェルノブイリの祈り」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

  5. 「東電原発事故 10年で明らかになったこと」添田孝史

TOP