積丹町入舸

にしん街道

今回の撮影は積丹町入舸町。入舸町と言えば「日本の渚百選」に選ばれた島武意海岸が有名。今回は島武意海岸へ行かず、港と集落をぶらぶらした。集落には廃屋が多く、とても静かだった。昔は漁が賑わったような感じだった。港には昆布を干しているひとが一人だけいた。観光でくるひとは車で来て、あまりまちを歩くことはないようだった。バス停でバスを待っていると、音でバスの来るのが分かった。

_K0_6067_K0_6088_K0_6168

WEBSITE

最近の記事

  1. 「おひとりさまの老後」上野千鶴子

  2. 「物語昭和写真史」桑原甲子雄

  3. 幌加内町母子里

  4. 「完全版 チェルノブイリの祈り」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

  5. 「東電原発事故 10年で明らかになったこと」添田孝史

TOP