苫前町豊浦

にしん街道

今回の撮影は苫前町豊浦。この日羽幌行きのバスは、途中から管理人ひとりになってしまった。苫前でバスを降りて、豊浦の集落に向かった。バスの中から見た豊浦の集落は、廃屋ばかりのように見えた。豊浦の海岸は波が高く、海からの風で波しぶきが飛んできて霧のようになっていた。オロロンラインを渡って集落のほうへ。この時期、まだ雑草が多く廃屋の周りは下のほうが見えない。雑草が刈られている家屋は人が住んでいるのかと思ったが人の気配がなかった。集落を一回りして、オロロンラインを歩いて羽幌方面へ。途中海岸線に向かう道に入る。海岸線まで行くと、断崖になっていた。下を覗いたら結構高度感があった。海岸線沿いの道を歩いて、羽幌の街に入る。途中、廃屋かと思って近くに行こうとしたらおじいさんが出てきて驚いた。以前、羽幌に来たときには行かなかったサンセットビーチに寄った。駐車場ににしん街道の道標があった。季節外れの海水浴場には誰もおらず、手が悴むほど寒かった。

_MG_7784_MG_7876_MG_7892

WEBSITE

最近の記事

  1. 「おひとりさまの老後」上野千鶴子

  2. 「物語昭和写真史」桑原甲子雄

  3. 幌加内町母子里

  4. 「完全版 チェルノブイリの祈り」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

  5. 「東電原発事故 10年で明らかになったこと」添田孝史

TOP